トラブル対応

基本的なトラブル対応策について記述しています。

電源が入らない

原因の判断が行い難くため、一番厄介なパターン。
作業を行う際は、まずコンセントを抜き、背面の電源スイッチをOFFにします。(ショート防止)

コンセント・電源ユニットに導通しているか確認
電源ユニットのスイッチは「○」がOFF、「-」がONです。

電源コネクタが正常に接続されているか確認
特に、CPUの補助電源やグラフィックカード電源の接続を見落としやすいです。

メモリーが正常に接続されているか確認
両サイドのストッパーがしっかりと掛かっている事を確認します。

マザーボード・グラフィックボードなど、部品の外観を確認
コンデンサの液漏れなど基盤に異常がないか目視で確認します。異常の場合は、修理か交換が必要。

増設や部品交換した場合は、元の状態に戻す
各部品との相性やIRQの競合で起動できない場合があります。(特に拡張カードを増設した場合など)

構成部品を最小限として起動できるか確認
電源ユニット、マザーボード、CPU、メモリー、グラフィックカードを接続した状態で起動確認。
この状態でBIOSが起動しない場合は、部品が破損している可能性が高いです。

電源がすぐに落ちる

起動中やOSを読み込んで数分で落ちるパターン。

冷却ファンが正常に動作しているか確認
機内の温度が上昇すると部品破損を避けるため、電源が落ちます。

増設や部品交換した場合は、元の状態に戻す
各部品との相性やIRQの競合で起動できない場合があります。(特に拡張カードを増設した場合など)

マザーボードのBIOSをアップデート
新設やCPU・メモリー交換を行った場合に有効。(アップデートに失敗すると起動出来なくなるため注意が必要)

構成部品を最小限として起動できるか確認
電源ユニット、マザーボード、CPU、メモリー、グラフィックカード、Cドライブを接続した状態で動作確認。
この状態でも同様の場合は、部品の相性か、部品が破損している可能性が高いです。
BIOSが動作する場合は、部品の認識状態を確認。
この状態で問題ない場合は、電力不足または未接続の部品が破損している可能性が高いです。

特定の動作をすると落ちる

特定のアプリケーションを起動させると落ちるパターンなど。

デバイス・アプリケーションのアップデート確認
ゲームやCADソフトなどの場合は、グラフィックドライバを更新する事で解消出来るかもしれません。

問題と思われるアプリケーションの削除
とりあえず、怪しいアプリケーションは削除して、代わり探すのが一番です。
仮想ドライブやライティングソフトを複数併用している場合は、片方を削除した方が良いです。